レンタル彼氏の自己紹介文が適当すぎるからどう書くか徹底解説するよ!

レンタル彼氏バイトの自己紹介

こんにちは、ユートクンです。

レンタル彼氏をやってる皆さん、これからやろうと思っている皆さん!

 

ちゃんと自己紹介書いてますか?

 

自分で掲載するタイプのレンタル彼氏バイトでは誰も教えてくれないので、自分で考えて自己紹介を書く必要があります。

僕がレンタル彼氏のサイトを徘徊するしていると、あまりにも適当な自己紹介文(プロフィール)が多いので、今回は自己紹介文の書き方をレクチャーしようと思います!

 

天の声
偉そうに…ユートクンはそんなにうまいのか?
ユートクン
僕はお客さんから「自己紹介文が一番しっかり書かれていたから」という理由でお客さんから指名を頂いたことがあるよ!

 

なぜ自己紹介文をキチンと書く必要があるのか?

天の声
自己紹介文なんてホントにみてるの?

ぶっちゃけ指名料金と顔写真と身長位しか見てないでしょ。

 

僕も最初そう思ってました。

でもバイトとはいえ、一応仕事だし…。「他の人は適当に書いてる人も多いから差別化になるかなー」と思って、一応しっかりと書いていたんですね。

 

自己紹介文が高評価で指名してくれた人が現れた

そうしたら、「自己紹介文がしっかり書かれていたから…」という理由で僕を指名してくれたお客さんが現れたんですよ。

その人は僕を「人間関係トラブルの相談」で呼んでくれた人でした。

今までホストを使ったことがなく、レンタル彼氏も生まれて初めて呼んだそうです。

 

自己紹介文を全然見ない人もいる

ちなみに僕のお客さんの中で全く自己紹介文をみてない人もいます笑

自己紹介文に書いてあることをガンガン質問してくるので、すぐに分かります(別にそれはそれで問題ありませんが!)

自己紹介を全然読まない人には明確な特徴があります。それは

ホストから流れて来た人、

レンタル彼氏に慣れている人

です。

慣れている人は自分に必要な条件だけ確認して連絡してきます。

おそらく「盛ったことを書いてあるだろう自己紹介文」をしっかり読むより、電話で人となりを確認した方が早いと思っているのだと思います。

 

自己紹介文をきちんと見てくれる人の特徴

自己紹介文をきちんとみてくれる人はレンタル彼氏に慣れていない人です。

レンタル彼氏をまだ使ったことがない人は不安なので、少しでも多くの情報を拾おうとするんですよね。それなのに、自己紹介文を適当に書いてあったらどうでしょう?

その時点でフィルターにかけられ、指名対象でなくなります。

一時間程度で書ける自己紹介文のせいで、指名のチャンスを逃すなんて、そんなもったいない話はありません!

僕の書き方を参考に教えるので、この機会に自己紹介文はきっちりと書きましょう!

 

レンタル彼氏の自己紹介文に書いておいた方がいい7つのこと!

僕がレンタル彼氏の自己紹介に絶対書いておいた方がいいと思った7つのことを紹介します!

既にお伝えしたように、レンタル彼氏の自己紹介を見る人はレンタル彼氏の利用になれていない人の可能性が高いです。

なので、レンタル彼氏を利用したことがない人を意識して自己紹介を書くことが重要になってきます。

 

1.年齢、容姿は気にしませんという表示

僕はこれが一番大事だと思っています。

僕がレンタル彼氏のバイトをしていて一番問い合わせが多いのが、「40歳なんですが大丈夫でしょうか…」「私ブスなんですけど…」など、自分の容姿を気にしている旨のお問合せです。

なので、あらかじめ自己紹介文に「年齢・容姿は気にしません!」という旨の一文を追加しておくことで、女性は安心感から指名しやすくなります。

 

2.お客様の対象

「年齢容姿は気にしません!」ということをお客様に伝えるのが重要だと最初にお伝えしましたが、お客様の対象はしっかり書いておきましょう!

天の声
…ん?年齢容姿は気にしないんだろ?

ってことは「全ての女性が対象です!」ってことじゃないの?

具体的にいうと、「男性禁止」は書いておいた方がいいということだね!

逆に男性とデートが可能ならそれは強みになるので、「男性もデート可能」と自己紹介文に書いておくと男性のユーザーを獲得できると思います!!

自分の好みは書いちゃダメ

当然ですが、自分の好みで書いてはダメです。具体的には年齢は30歳までで…などの記述ですね。

とにかく!とにかく!「この人は容姿でお客を選んでるんだな」と思われてはダメなのです!

というか美人としかデートできないなら厳しいですが、正直レンタル彼氏自体が向いてません。

 

3.初回サービスの有無

掲載系のレンタル彼氏バイトは自分で料金を設定できるので、初回サービスを設定できます。

初回は会ったことないので、女性は当然不安です。「写真と違ってブサイクだったらどうしよう…」「冷たい人だったらどうしよう…」自分のタイプではない人に高いお金を払ってデートなんてしたくはありません。

初回サービスをしっかりアピールすることで、指名へのハードルがグッと下がります!

初回サービスは強みになるので、しっかりと上の方に書いてアピールしましょう!

 

4.どんなことができるか

どんなことができるか、サービスの内容は具体的に書いておきましょう!

最後に一言「もしこんなことやってみたいけど、出来るかな…と不安に思いましたら、是非お気軽にお問合せください」と付け加えると親切さが増してグッド!

 

5.細かい料金設定

お金の周りは誠実さが現れます。料金はなるべく細かく書くべきです!最低限以下のことは書きましょう。

  • 初回指名料金
  • 二回目以降の指名料金
  • 交通費(~地点からの交通費を実費精算で頂きます)
  • 終日利用の場合の指名料金
  • 旅行(宿泊)の場合の指名料金

 

6.自己PR

自分の強みはしっかり書いておきましょう!

さむらい
休日はアニメ見てて、コミケに行くのが好きで…

ちょっと待った!!

出会いアプリの自己紹介なら自分の趣味をそのまま書いて、自分に合う人を見るけるのはアリですが、レンタル彼氏でそれは愚行です。

自己PRは女性に好印象も持たれることのみを書きましょう。カウンセリング経験、エスコートが得意、とにかく優しい、車を持っているなどですね。

 

7.デートまでの流れ

サイト自体に説明ページが用意されていることがほとんどですが、ザックリでいいので、自分のプロフィールにデートまでの流れや料金の支払いタイミングを記載しておくことで、女性側は親切な印象を持ってくれます!

 

【最後に】レンタル彼氏の自己紹介文に書くべきことはお客様からの質問に隠されている

レンタル彼氏の自己紹介文に書くべきことはお客様からのお問合せ、質問に隠されています。

先ほど、「40歳ですが、大丈夫でしょうか?」という年齢を気にする旨の質問が多いと紹介しました。質問が来るということはその点に不安を持っているということです。

お客様からの不安は出来る限り、自己紹介文で解消してあげると好印象となります。

もし、既にレンタル彼氏を始めている人は、自分のお客様からの質問を振り返ってみるといいと思います!

ユートクンをレンタルしてみる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)